失敗しないWeb制作を依頼する時のコツ

日常

ホームページを作ろうとなった時に、何をどうしたらいいんだろう、なにからはじめたらいいのかなと悩んでいる方も多いようです。

わからないことはプロにまるっとおまかせしてしまおうという場合もあることでしょう。

もちろんプロに頼めば全部お任せできて安心と思いたいとこですが、プロそれも大手の制作会社にホームページの依頼をしてトラブルが生じることも少なくありません。プロにお願いしたはずなのに、依頼して作ったホームページのできあがりに満足していない人が感じる不満。それは、

「プロに依頼したのに、自分の思った通りのサイトにできなかった」

ということです。

その結果、デザインには満足しているけど、思ってた以上に予算がかさんでしまったり、値段は思っていた値段だけど、どうしても思っていたデザインにはならず、最悪の場合は再リニューアルしないといけないということもあります。

一度トラブルになってしまうと、調整に時間もお金もかかってしまいます。ですからどちらが悪いということよりも、ホームページを発注する場合、トラブルにならないように発注側も準備をしておくと良いでしょう。

それで今回はホームページを作る時に発注側が気をつけておいた方が良いポイントをご紹介します。

ホームページの目的を決めておく

ホームページの目的はホームページを作ることではなく、それによる効果をはっきりさせておくことです。

会社案内や自社製品、サービスの案内だけの場合もあれば、そのサイトを通して注文を受けることを目的としている場合もあります。それらがはっきりしないままでなんとなくホームページが作りたいと思ってもいいものはできません。

単なる会社案内であれば、単純な構造で良いかもしれませんが、通販を行いたい、カード決済も行いたい、予約システムも作りたいとなってくるとどんどん複雑になってしまいます。

そうなると、ホームページの制作費用はとても高くなってしまいます。ホームページにどこまでの機能を持たせるかということをしっかり考えてから依頼するようにしましょう。

デザインの方向性を決めておく

ホームページは形のないものを作っていくのでデザインはお任せしたいという場合もあるかもしれません。しかし、その場合であっても、方向性はしっかり決めておいた方がいいでしょう。レトロな雰囲気にしたいとか、スタイリッシュにしたいとか、ポップな感じにしたいなど自社にあった雰囲気があると思います。

これという思いがない場合は、こんなサイトのようなものがいいというサンプルサイトを用意しましょう。

考えたいポイントは機能面とデザインです。

お問合せフォームが必要とか、ネットで商品を販売したいのでショッピングカートが必要とかそのような機能の部分とデザインの部分、写真の使い方、全体的なカラーなどの部分です。

ホームページのデザインギャラリーのサイトがたくさんあります。

この中から自分の希望に近いサイトをみつければ、希望のデザインを説明する時のズレが少なくなるでしょう。

参考となるサイトギャラリー

SANKOU! | Webデザインギャラリー・参考サイト集
Webデザイン制作の参考になるステキなWebサイト・LPを集めたギャラリー。業種・テイストなどで絞込検索可能。最新トレンドをチェック!
I/O 3000 | Webデザインギャラリー
I/O 3000は、Webデザインに関わる人のためのWebデザインギャラリーサイトです。国内外を問わず、Web制作の参考となるサイトをセレクトしています。
縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集|MUUUUU.ORG
縦長のwebデザインをがむしゃらに集めています。

デザインは言葉でうまく表しにくいものです。最初はお任せでと言っておきながらも、でき上がってきたものを見た時になんとなく何か足りないと感じてしまうこともあります。そして気をつけたいのが、自分は気に入っているのに、社長やオーナーからダメ出しになることも起こります。

しかしながら、「デザインをちょっと変える」ということが、ほんのちょっとであることはほとんどなく、制作面では多大な修正になります。

最近は、写真がスライドしたり、画像がカーソルに合わせて動くなど、表現しにくいサイトの動きががデザインに実装されることも増えています。この場合プログラムを使用することもあるので、この機能を追加した場合費用が膨らむこともあります。

こんななずじゃなかった…。と失敗しないためには、サイト制作前にデザインチェックする手順を設けて、互いにズレがないか確認しておくことが大切です。参考サイトは、なぜそれを選んだか、どこをマネしたいかなどまとめておくといいですね。

自分でやる作業を知っておく

「なにが予算に含まれて」いるかという確認は何度もするかもしれませんが、忘れてしまいがちなのが、「自分が何を準備しなければならないか」ということです。たとえば、商品データや写真素材の準備の有無(自分で用意するのか否か)、取材をしてもらえるかなど確認しておくとよいでしょう。

そして、自分で画像データを準備するときは、「画像のサイズや解像度」、「圧縮品質や保存形式」なども、一度確認が必要です。使えると思っていた素材がクオリティ面で使えなくてやり直しにといったトラブルが避けられます。

予算内で修正・追加ができるか

Webページの修正作業は、数分で直せるごく簡単ものからプログラミングの実装など1週間以上もかかってしまうものまであり、それは内容によって手間が大きく異なります。簡単だろうと思って依頼したものが、ほとんどやり直しになってしまうケースもあります。

修正を依頼するには、かかる日付ももちろんですが、どの修正に追加費用が発生するか何回ぐらいの修正なら追加費用がいらないのかも確認しておきましょう。たとえば「クライアントのチェックは2校まで」ならば、1度目の修正のあとは、前の修正が反映されているかどうかを確認するだけになります。

この2校目で正反対の修正や新規の修正を加えると、その確認のために3校が発生してしまいます。校正の手順などは各社によって違いますので、確認の回数や公開後の修正の可否なども聞いておきましょう。

納品が完成ではない

ホームページは完成したら終わりではなくむしろそこからがスタートです。印刷された冊子とは違い、そこから情報を更新して、ブラッシュアップしていくことで成果が大きく変わっていきます。

完成してからは自分たちでホームページを育てていきたいということを考えると、社内でもムリなく更新できるWordPressのようなCMSを選んでおくことが必要になります。

当社では、ホームページの簡単な修正からリニューアルある、日々の更新のお手伝いまで承っております。ぜひコンタクトフォームから気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました