WordPressってなに?仕組みを説明します。

WordPress

前回、ホームページの作り方についてこちらで解説しました。ホームページをつくるにあたっての環境や必要なものについて解説しています。

そして、ホームページを作る方法として、HTMLとCSSを使って作る方法とWordPressを使って作る方法と2種類ある。という説明をしています。

今回はそのWordPressってなに?というところを詳しく説明していきたいと思います。

WordPressってなに?

WordPressというのは、CMSのひとつです。

このCMSとは、Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)のことで、それぞれの頭文字をとってCMSと読んでいます。

CMSはWeb制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムで無料で利用できるものもあります。WordPressは無料で使うことができるので、ホームページを作ったりブログの運営を楽にするための無料のソフトウェアということになります。

WordPressじゃないとサイトの更新は大変なの?

では、このWordPressで作られていないホームページのことを考えてみたいと思います。

ホームページは大抵の場合、一度作って終わりではなく、更新していくことが必要です。例えば、新製品の発表やお知らせ、もしブログなどがあれば頻繁に更新が必要です。

これが、WordPressではなくHTMLで作られていたとしたらどうでしょうか。

HTMLというのは、プログラミングコードが集まったものです。背景の色がホームページの体裁、どんな写真を使うかという内容を全てコンピューターがわかる言葉で記載する必要があります。

知らない人だと、どの言葉がコンピューターに対する命令で、どの部分が実際に表示する文章なのかわからないと思います。

この更新作業をするときに、必要なプログラミングコードを消してしまって画面が映らなくなったりすることもあります。

これだけでもなかなか大変な作業ですが、HTMLの場合は、これをこのデーターが入っているサーバーにアップロードして、今あるデータと差替えてあげないといけません。

この時にも注意が必要で、うっかり操作を誤ってサーバー内のファイルを消してしまうとページがひとつ無くなってしまったりします。

慣れている人がやるには簡単な作業かもしれませんが、あまり詳しくない人が作業するには大変なことです。

WordPressがあるとどうなるの?

WordPressには種類が2つあり、レンタルブログのようにサイトにログインして使うものと、自分でレンタルしたサーバースペースにWordPressのシステムをインストールして使うものとあります。

今回は、この二つ目のレンタルしたサーバースペースにWordPressのシステムをインストールして使う方法について説明します。

STEP1.WordPressのインストール

レンタルサーバーにWordPressをインストールします。この作業が難しいかもしれませんが、最近では、レンタルサーバーから簡単にインストールする仕組みがあります。

エックスサーバー のだと、「WordPress簡単インストール」というものがあります。これを使うことでとっても簡単にWordPressをインストールできます。

STEP2.ログイン画面

WordPressをインストールするとブラウザを通してサイトの管理ができるようになります。こちらは、専用のログイン画面です。インストール時に自分で決めておいたユーザー名とパスワードを入れてログインします。

最近はこのような形でログインするネットサービスがたくさんあると思いますので、とくに戸惑うことはないでしょう。

STEP3.ダッシュボード

ログインするとダッシュボードが開きます。このダッシュボードを操作することで、プログラミングコードを書かなくても更新作業が行えます。

左手のメニューに「投稿」や「固定ページ」と言った項目があります。これを選んで入力するだけで内容を追加することができます。

STEP4.投稿ページ

ブログサービスを使われたことがあるならわかりやすいかと思いますが、実際の投稿ページから、文章を入力したり、写真を挿入したりします。

文字に色をつけたり、文字のサイズを変えたりなどはアイコンを選択して行うことができます。

いちいち手作業でHTMLファイルを作る必要はなく、専門知識がなくても更新ができます。他のブログサービスと同じように、サクッと更新ができてしまいます。

テンプレートが豊富

WordPressが優れている点は更新のしやすさだけではありません。たくさんの無料テンプレートが用意されていて簡単にカッコいいサイトがつくれてしまいます。

例えば、

プラグインも用意されている

WordPressにはテーマというテンプレートがたくさん用意されていますが、プラグインという拡張機能もたくさん用意されています。

お問合せフォームを設定したいなぁと思ったら、プラグインを使って簡単に設置することができます。

プログラミングコードは必要ないの?

基本的にプログラミングコードを入れなくてもサイトは作れます。ですが、カスタマイズにはコードを書き換えなくてはいけません。

コードを書き換えることができれば本当に自由にカスタマイズできます。

WordPressの仕組みってどうなってるの?

詳しく知らなくても大丈夫なのですが、簡単にWordPressのしくみについて触れておきます。

WordPressのシステムはPHP(ピー・エイチ・ピー)というプログラミング言語により構築されています。そして、「記事の内容」や「更新情報」などはMySQL(マイ・エスキューエル)というデータベースシステムにより管理されています。

ブラウザから記事にアクセスします。

WordPressが特定された記事を探しに行きます。

データベースであるMySQLに記事情報は整理されています。

そのデータベースMySQLから情報を特定し取得します。

記事が表示されます。

WordPressのまとめ

今回は「WordPressとは何なのか」について解説しました。WordPressはホームページの更新作業がとっても簡単になるシステムだということです。

今あるホームページをそのままWordPressに作り変えることも可能です。今あるサイトをもっと更新しやすいものに変えたいなぁという場合もぜひご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました