既存のホームページをWordPressに移すには?

WordPress

ホームページは何年か前に作ったけどあんまり活用できていないなぁと思うことはないでしょうか。

「現在使っている会社ホームページの更新作業を自社で行いたい」

「自社サイトでどんどん情報を発信していきたい!」

「顧客へのお知らせをホームページで行いたい」

「少しの修正を毎回制作会社に依頼するのは面倒だしお金もかかる、どうにかしたい!!」

今既にホームページをお持ちだとしてもHTMLのホームページや、他のCMSで制作されたホームページを運営され、上記のような不満をお持ちのみなさまに、ホームページ(ウェブサイト)をWordPress(ワードプレス)などのCMSへと変更するサービスを提供しております。

今回はホームページをWordPress化する手順や、ホームページをWordPress化して自社管理し、編集・更新可能なホームページへと変更することのメリットなどについてお伝えしたいと思います。

WordPressなどのシステムのことをCMS(シー・エム・エス、コンテンツ・マネジメント・システム)といいます。CMSはお客さまご自身でウェブサイトの編集や更新を簡単に行なっていただけるウェブシステムです。
CMSを導入した場合、お好きな時にご自身でウェブサイトの更新をしていただくことができるようになります。

HTMLと言われるタイプのホームページ(ウェブサイト)はプログラムコードが書かれた一覧から修正箇所を探し出し、修正しその後FTPと呼ばれる更新ソフトを使ってホームページの内容を書き換えてあげなければなりません。

既存のHTMLのホームページをWordPressなどのCMSへと変更する最大の利点は、新規ページの追加や既存ページの修正の際に、面倒なウェブページのコーディングやFTPアップロードといった手間を省略し、ブラウザ上でページの編集や追加を行っていただける点です。

WordPress化にあたり一度ホームページのフォーマット・テンプレート作ってしまえば何ページでも同一フォーマットで新規ページを簡単に作成することができるため、「新着情報」などの「コンテンツ作り」に集中していただくことができます。

既にホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方でも、WordPressをはじめとしたCMSを導入することができます。逆に今ホームページを既に持っているのであればぜひともやるべきだと思います。

ホームページ(ウェブサイト)のレイアウトやデザイン案を既存のものを用いつつ、内部システムをWordPress化することによって、制作費用を抑えながらより高いプロモーションが可能になります。

ホームページのWordPress化によるメリット

ホームページの良さとはなんでしょうか。それは、お客様とホームページを通して直接繋がることです。もちろん今までのホームページでも繋がっていたかもしれません。

しかし、「新しいサービスがスタートしたこと」や「新しい製品の情報」、「自分のサービスに対する思い」などは、その出来立てホヤホヤの時に共有したいと思う物です。

WordPressサイトなどへCMS化することによるメリットは、新しいページの文章など「コンテンツ部分」の制作にだけ集中していただくことによって、ページの更新や追加にタイムラグがなくなることです。また、ウェブ制作会社・ホームページ制作会社への発注の手間や費用が発生しないのもポイントです。

一度ホームページをWordPress化すれば、特に特殊なソフトウェアを必要とせず全ページの共通部分を一括で修正することができたり、文章の修正や画像の追加もすぐに行っていただくことができるようになります。古くなったと思う写真を入れ変えたり、新しく写真を追加できます。また、インターネット環境とブラウザとさえ使用可能な環境であれば、端末と場所を選ばずいつでもホームページを管理することができるようになります。

WordPressの仕組み

WordPressをはじめとするCMSは、ホームページを構成するファイルの共通項の部分をシステムで生成し、コンテンツ部分をブラウザ上で管理できるため、Google Chrome、FSafariなどのウェブブラウザでホームページを操作することができます。

この「ファイルの共通項の部分」を、当社で基本フォーマットとしてWordPressのシステム変換させていただきます。

専門知識が必要な場所はフォーマット化、システム化することで、ホームページの本質であるコンテンツ制作に集中していただくことができます。

ホームページ(ウェブサイト)をWordPress化することによって、ホームページの更新が必要なタイミングで、タイムラグ無く、ご自身でページの編集や新規ページの作成を行っていただくことができます。

この特徴により、ホームページ更新にかかるご依頼をホームページ制作会社などに代行委託する必要がなくなり、自社でホームページ管理が可能になるので、ホームページ(ウェブサイト)の編集、更新費用もかからず、また、掲載内容の変更や追加の時間短縮にもなります。

思った時にすぐホームページを更新できるようになるのです。

既存のウェブサイトのレイアウトやデザイン案をそのまま利用

WordPress化するタイミングでホームページをリニューアルしたいという場合もありますが、現在のホームページのデザインが気にっているという場合はデザインはほぼそのままに中身のシステムだけをWordPress化することも可能です。

新しくホームページのデザインを考えるとデザイン費用がかかるので、既存のウェブサイトのレイアウトやデザイン案を利用して費用を抑えながら内部システムをWordPress化(CMS化)することにより、ウェブサイトの運営を容易に行っていただくことが可能になります。

WordPress化完了後は、ご自身でウェブサイトの運営を行っていただけるため、「ページの追加・更新頻度が高く、毎回Web制作会社に依頼するたびに費用が発生する」、「掲載内容が少し変わっただけでも依頼の必要があるため、連絡と申し込み、決済などの手間が面倒」といったことがなくなります。

また、Webデザインは既存ホームページのものを利用しますが、WordPressはSEO効果が高いのでWordPressテーマの基本SEO設定によって、いきなり検索順位が向上しアクセスが倍増したという例よくあります。

WordPress化後は運営のしやすいスマホ対応レスポンシブサイトに

ホームページのWordPress化(CMS化)によるメリットとしてのもうひとつの特徴のひとつは、WordPress化後の新サイトがスマートフォン対応のレスポンシブ対応へと変更される点です。

既存ホームページがスマートフォン対応サイトではない場合でも、ホームページをWordPress化することによって、自動的にスマートフォン対応のレスポンシブデザインへと変更になります。

完成後の新サイトでは、スマートフォン用ページを別に作ったり、スマートフォンアクセスの際に転送したりする手間もなくなります。

こうした手間が削減されるため、スマートフォン表示やSEOの重複コンテンツ対策のことを特に気にせずホームページ運営が行えるようになるため、格段に運営が楽になります。

ホームページの更新が楽になると何が変わるの?

今までからホームページはあった。

ホームページの更新が楽になるといったい何が変わるの?そんな疑問もあるかもしれません。

自社のホームページをWordPress化することによって、新商品やイベント情報などの新着情報の発信や「スタッフブログ」の更新を即時に行うことができます。

つまり、動きのある「活きたサイト」として、お客様との接点が大きくなり、より高いPRをすることができます。

また、今までは自社ホームページと外部レンタルブログを組み合わせてそのような更新をしていたかもしれませんが、自社ホームページ内にそれらを一本化することができます。

ホームページのWordPress化によって会社案内や製品サービスの情報をそのままに、同一レイアウト同一デザインで、サイト内にブログやお知らせ機能を設置することができます。

この場合、公式なイベントのお知らせもスタッフブログも全て同一の管理画面で操作することができます。

WordPress化によって自社ホームページをオウンドメディア化し、既存のお客様との接点をより大きくし、さらに、潜在的なお客様と出会うチャンスが広げることになります。

既存のホームページをWordPressに移すまとめ

いかがでしたか、今回は既存のホームページをWordPressに作り変えるWordPress化についてまとめてみました。

情報をよりタイムリーにお知らせできることには思っている以上にメリットがあります。また、あまり今まで見られていないと思っているホームページだったとしても実は予想以上に閲覧されていたり、WordPress化することによってホームページ内の情報が綺麗に整備されSEOが良くなり検索順位がアップすることもあります。

WordPress化をぜひご検討ください。

当社では簡単なデザインの変更なども承っております。お気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました